M&Aプロセス支援−バイサイド

事業戦略の変更に伴う経営資源の集中化を検討し実行支援する

mondaiten
  • 経営資源の注力事業を検討
  • 不採算事業の売却検討
  • 事業売却に係る適正な売却価格算定
  • 適切な売却先の決定
  • 後継者難の場合における意思決定

プリエントコーポレーションの業務戦略

経営を行っていくうえで、リスク分散のため、多分野に事業を展開されている企業は多々あります。
ただ、限られた経営資源の中で、どの事業も継続しながらやっていくのは相当な困難が付きまといます。
とするならば、事業戦略の中で選択と集中を考えながらコアビジネスに注力することになります。
一方で、手塩にかけてきた事業を売却することは中々難しいことです。
そこで当社は、まず企業の目指すべき方向性から導き、その企業にとってのコアビジネスと事業の方向性から考えます。
その上で、コアから外れたビジネスにおいては、もっともシナジーのありえそうな売却先を検討した上で、売却想定価額を導き出します。
戦略の立案から売却におけるプロセスの最大化を企業の中に入って行うことが、他社と差別化され、当社を選んでいただける要因となっております。

 

baisaido1

 

baisaido_01

プリエントグループでは、クライアントとともに事業売却前の利益改善分析を支援します。
具体的には、利益改善(売上・費用改善)余地がある領域の発見、利益改善戦略のインパクトの定量化、コストコントロールや利益最大化のための戦略策定、前述戦略の導入と従業員の合意形成、戦略変更によるインパクトのレビューおよび評価と事業の変化に応じた戦略の更新、業界や競合のパフォーマンスをベンチマークとして更なる利益改善が可能な領域の特定等を実施します。

baisaido_02

初期的アプローチとして、買い手候補を特定するためのスクリーニングを行います。
プリエントグループでは、M&A戦略の全体方針に応じた最適な買い手候補をリストアップ・絞り込みをサポートするとともに、買い手候補へのアプローチに係るアドバイスを行います。
具体的には、ロング・リスト、ショート・リスト作成時におけるスクリーニング基準の設定、買い手候補のスクリーニングおよび予備調査、タッピング、アプローチ方針の策定・実施等を行います。

baisaido_03

会社(事業)の売却にあたっては、売り手としても入念な売却準備が必要となります。
売り手の利益を向上させ、また売却に際しての潜在的な障害を少なくすることを目的として、スタンド・アローン財務情報の準備や売却プロセスの円滑な策定・遂行が必要です。
プリエントグループでは、売り手の売却準備を一貫して支援します。具体的には、売却対象事業が分離や資本の撤退に適しているかを評価し、切り離しが必要な領域を特定するとともに、最適なカーブアウトプランを策定します。また、カーブアウトする事業のスタンド・アローン財務情報の準備、スタンド・アローン問題の特定と定量的インパクトの分析、売却プロセスにおけるベストプラクティスの情報提供、スケジュール管理等を含め、一貫してサポートします。

baisaido_04

プリエントグループでは、M&Aや事業再編で起こりうるストラクチャーに関する税務等のアドバイス、買収価格のアロケーションに関する初期的アドバイス、財務シミュレーション、代替案の比較検討を行います。

baisaido_05

買い手候補へのアプローチに際しては、各フェーズに応じて売却マーケティング資料を作成・提示する必要があります。

baisaido2

baisaido_06

事業の売却にあたっては、その切り出し範囲を明確に定義し、潜在的イシューにも着目することが重要です。そのため、事業分離構想として、包括的かつ詳細な事業カーブアウト方針およびカーブアウト指標の策定が必要となります。
プリエントグループでは、詳細なカーブアウト方針の策定および各カーブアウト指標の策定に関する支援を行います。

baisaido_07

買い手候補に対して、売却対象企業・事業のスタンド・アローンでの事業構造や売却後の事業の変化についての理解を促進するため、カーブアウト事業のオペレーショナルデューデリジェンスを実施します。

  • 事業運営上で必要十分な有形・無形の経営資源が譲渡対象となっているか?
  • 親会社、他部門、外部に依存している機能はあるか?
  • 事業継続の視点で想定されるリスクおよびリスク低減に向けての対処方針は?
  • スタンド・アローンのために、必要となる一時的/継続的追加支出の水準はどの程度か?

プリエントグループでは、サイトビジット、データ分析、マネジメントミーティング等により、スタンド・アローン分析を含む業務デューデリジェンスを実施いたします。
また、カーブアウト分析では、一般的なビジネスデューデリジェンスの分析項目に加えて、事業継続の観点で経営資源が必要十分に譲渡対象となっているかを検証し、切出し後のオペレーションモデルや想定リスク、追加投資コストの分析など、財務デューデリジェンスと一体となりご支援することが可能です。

baisaido_08

売り手として事業売却価値を最大化するには、売却対象会社・事業の財務的な改善施策を特定・数値化し、売却価値を最大化するための導入を行うことが重要となります。
プリエントグループでは、事業価値最大化に向けた改善プランの策定、導入・実行の各フェーズでクライアントをサポートします。

baisaido_09

売却・カーブアウトにあたっては、各ファンクションの分離に係る詳細な計画書を作成する必要があります。また、買い手候補に対してどの事業が売却・分離され、Day1およびスタンド・アローンの状態にてオペレーションがいかに遂行されるかを明確に提示することが重要です。
プリエントグループは、クライアントとともにインタビュー、ワークショップ、各種分析によって以下の項目を分析します。分離される業務のオーバービュー、ワークストリームごとの切り出し範囲の定義、ワークストリームごとの現状/Day1/統合後における人材、プロセス、資産と負債、契約およびシステム関連の予想、各フェーズ間のギャップ分析、ワークストリームごとのTSA/LTA要件、TSA/LTAに係るコスト、租税コストそして事業分離コスト。